中国での通信手段を準備 VPN編

おすすめ通信環境です。

本日はVPN編です。

中国には金盾と言われるファイアウォールが存在しています。

これにより、Twitter、InstagramといったSNSはもちろん、Googleなんかにもアクセスできません。もちろんLINE、Gmailもだめ。中国国内サービスで十分なんて猛者もいますが、多くの方はきついかと思います。ただ中国でも、これらのサービスを使える方法はあります。それがVPNです。

おすすめのVPNはUCSSです

おすすめ理由1 実はVPNでは無い

いきなり何言ってるの?と思ってる方が多いかと思いますが、実はUCSSが提供しているのはshadow socksというVPNとは別規格です。といっても私達ユーザーからすると規格なんて気にする必要はないのですが。

これが何がいいかというと、規制が入りにくいということです。中国政府がお金と時間をかけて、わざわざ用意したファイヤーウォールです。VPNなんて抜け道を放置する訳ありません。既に多くのVPNには対策が打たれており、遮断、速度低下が頻繁に発生しています。(現在VPNは中国では政府の許可制にしています。)

そんな中登場したのがshadow socksという規格です。これさえ使えばどこでもアクセスし放題!だったのですが。。。ここ一年間くらいでどうやらshadow socksにも対策が打たれ始めました。。。なのでshadow socksだからOKとはなりません。

おすすめ理由2 復旧が早い

前述の通りshadow socksでも対策が打たれ始めました。ただし、UCSSは一時的に遮断されたとしても復旧が非常に早いです。また、接続先が複数あるので全滅なんてことはまず無いです。ただ、DAZNを見てる時は困るんですけどね。この辺は使い方含めて別記事にしようと思います。

おすすめ理由3 DAZNが見える

私の中ではこれが大きいです。DAZNは巷で有名なVPNでは見る事ができません。ただし、UCSSなら見れます。娯楽の少ない中国で快適にサッカーを見るにUCSSが一番良いです。

おすすめ理由4 とにかく早い

当然日本にいる時程の速度は出ませんが、ほとんどストレス無く見ることができます。

以上がUCSSのおすすめ理由です。ベタ褒めですが、世の中完璧なものなんてありません。良くないところも、もちろんあります。

良くないところ1 高い

とにかく高いです。一年で108ドル、毎月50ギガまで。月1000円くらいで容量制限ありなんて他のVPNではあり得ません。

私は50ギガなんて全く足りないので300ギガコースの378USDで契約してました…今は100ギガに落ち着いてますが。

良くないところ2 通信を遮断されるときはある

既にShadow socksが対策され始めているので通信出来ないときはやっぱりあります。そんなの嫌だ!って方は、国際ローミングや、サブのVPNなんてのも検討した方が良いと思います。

と悪い点も書きましたが、私自身はとても満足して使っています。

UCSS → https://my.undercurrentss.com/aff.php?aff=512

UCSSの使い方

PC、スマホ、ルーターにアプリを入れる必要があります。

UCSSの公式サイトに手順は乗っていますが、どのアプリを使えばいいかわからないと思います。

特にiPhoneアプリは有料のものが多いので悩みますよね。

現状で私のおすすめはShadowrocketです。とても安定しており使いやすいです。

最後に

インターネット環境は中国生活の充実度にかなり影響します。多少高いですが、質の良いものを選ぶことをお勧めします。

質問、コメント等お待ちしてます。

それでは皆様の楽しい中国ライフを願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA